スポンサーリンク

 
 
2019年3月23日に放送の月曜から夜ふかし!土曜スペシャルにて、紹介された「原人のさと」
ここの店主がとても自虐的な発言が多かったのですが、調べてみるとこのお店、原人のさと以上においしそうなお菓子がたくさんありました!場所とお菓子をそれぞれ紹介します!

 
 

月曜から夜ふかし!土曜スペシャル「高森原人問題」

 
2019年3月23日に、月曜から夜ふかし!土曜スペシャル「平成のテレビ問題大清算スペシャル」が放送されていました!
 
 
その中の企画で、「ワイドショーをにぎわせたご当地編」にて紹介されていた宮城県築館町(現栗原町)の「高森原人問題」
 
 
この問題とは、上高森遺跡にて起こりました!
 
 
平成4年(1992年)に原人が作った旧石器が発見されたのです!
 
これにより、この地域では原人フィーバーとなり、原人商品や原人マラソン、原人まつりなど地域は活性化していました!
 
 
 
ですが、8年後の平成12年(2000年)に、この発掘がねつ造だったことが判明!
 
 
 
作業員が朝早くから、穴を掘って、石器を埋め、地面を固めたのちに、土を掘って、発見されたという経緯でした!
 
これにより、町は活気がなくなってしまったのです!
 
 

スポンサーリンク

 

原人のさとを売っているお店とは?

 
そんな中、原人ブームに乗っかって、「原人のさと」という商品開発をしたお店がありました!
 
 
 
この原人の里が売っているお店は、
 
喜久乃家
 
 
と言います!
 
 
なんと、この喜久乃家の店主の鈴木政彦さんは、原人のさとを開発するのに、2,000万円も投資して制作したとのこと。
 
 
なので、原人問題があってからも発売をし続けていたのです!
 
 
 
喜久乃家の詳細
 
住所
 
宮城県栗原市築館薬師3丁目7-26

 
 
アクセス
 
最寄駅:東北本線 新田駅(宮城県) 車 18分
 
 
営業時間
 
8:30〜18:30
その他定休日:第2・第3水曜日

 
 

スポンサーリンク

 
 

原人のさととはどんなお菓子?

 
原人のさとは、中には地表を表したパイがはさまれて、美味しそうな商品です!
 

 
 
1個185円で、12個入りだと2,424円
12個入りだと、箱代がかかるんですね!
 
 
 
 
原人のさとには、その美味しさに根強いファンがいます!
 


 
 

原人のさと以外にも美味しそうなお菓子がたくさん!

 
喜久乃家には、原人のさと以外にも数多くのお菓子を取り揃えています!
 
 
和菓子、洋菓子、銘菓、ケーキ、プリン、仏事用御引菓子!
 
 
看板商品は、「姥杉(うばすぎ)」「もちぷりん」
 
 
姥杉

 
 
こちらが、もちぷりん!

 
 
 
どちらもおいしいです!
 
 
 
 
喜久乃家では、他にも季節のお楽しみギフトセットもあります♪

 
 
 
贈答用としても、ご自身やご家族とでも是非ご利用下さいね♪
 
 
 
 
 
 
以上、
「月曜から夜ふかし!原人のさとを売っているお店ってどこ?」でした!
 
本日もお読みいただきありがとうございました!
 
 
 
 
 
 
 
 

☆他にはこんな記事が読まれてます☆

 
 
 
 

スポンサーリンク