月曜から夜ふかしで人気のフェフ姉さん!
キックボクシングのプロを目指してますね!
キックボクシングを始めたきっかけやフェフ姉さんの戦績、
ジムやトレーナーについてなど、
アレコレ気になることを網羅していきます。

〇キックボクシングを始めたきっかけ

まずはフェフ姉さんがキックボクシングを始めたきっかけから。

夜ふかしでフェフ姉さんのコーナーとして人気だったフェフリポート。
全国のフェス(お祭り)をリポートする企画ですがその企画で参加したお祭りの一つで相撲大会がありました。
フェフ姉さんはその相撲に挑戦したもののまさかの完敗。

その完敗がとてもショックでフェフ姉さん大泣き。

翌年にリベンジすることを胸に相撲のトレーニングを始めるも、女相撲・全日本チャンピオンの12歳の女の子にも大敗。

そのチャンピオンに勝つために1カ月間キックボクシングジムに入門し、見事に肉体改造に成功した。
万全を期して迎えた女相撲・全日本チャンピオンにリベンジを挑んだのだが再び負けて涙を流した。

実はそれが転機となりました。
相撲の決戦から5カ月。
実はフェフ姉さんはトレーニングとして続けていた「キックボクシング」にハマって、プロを目指すことを決意したのです。
一方の相撲大会の方はコロナで当分の間休止となり、結果的にキックボクシング一本になっていったのです!

ホント人生ってどうなるかわからないもんですね(笑)

〇どこのジム?

フェフ姉さんが通っているのが、Bungeling Bay(バンゲリングベイ)

BungelingBay Ebisu(恵比寿)
HP:https://www.bungelingbay.com/
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-23-9
ヴェルミドール恵比寿1F

こちらはバンゲリングベイの本店。
2008年に恵比寿でオープン。
キックボクシングジムでありながらパーソナルトレーニングで身体作りをサポートしているとのこと。

BungelingBay Strong(恵比寿)

BungelingBay Premium(恵比寿)

BUNGELINGBAY NAKAMACHI・KOMAZAWA St.(駒沢)

以上の4店舗を経営しているジムで、スタッフは総勢28人!

充実したスタッフと設備で運営しているジムになっています。

NEWS23にも取材されていましたね。

しかもこのバンゲリンベイに通っている(らしい)有名人もスゴかったんです。

ファンキー加藤さん
https://twitter.com/sBungelingBay/status/1369663232391016449?s=20

相葉雅紀さん
https://twitter.com/nonbili2016/status/1342479006931722240?s=20

LiSAさん
https://twitter.com/LiSA67680503/status/1447555725123751937?s=20

https://twitter.com/yuki0420chan/status/1310578620461506560?s=20

長谷川京子さん

高橋克典さん

川崎麻世さん

熊切あさ美さん

谷まりあさん

なんと豪華な顔ぶれ。。。
スゴい有名なジムなんですね!!

〇トレーナーの新田明臣ってどんな人?

このバンゲリングベイの代表が新田明臣さん。

この新田さんが実はスゴイ経歴の持ち主です。

新田明臣(にった あけのり)
1973年東京都生まれ。
初代ニュージャパンキックボクシング連盟ミドル級王者
第8代全日本キックボクシング連盟ミドル級王者
WKAスーパーウェルター級王者
初代IKUSA王(U-70)
第2代UKF世界ミドル級王者
2002年K-1WORLDMAX日本代表決定トーナメント参戦
2005年K-1WORLDMAX日本代表決定トーナメント準優勝
2008年2月よりBungelingBay恵比寿代表
恵比寿ビール坂商店会副会長
(バンゲリングベイHP参照)

そう!
めちゃめちゃ強くてスゴい人なんです!

そして、新田さんはフェフ姉さんを五輪柔道銅ダリア・ビロディド(ウクライナ)のように強くて美しい女性にしたいとの想いから、
フェフ姉さんをエステ7カ所に通わせています。
しかも新田さんの紹介で新田さんの自腹で。

この行動に、マツコ・デラックスさんも、
「新田さんって何してる人なの??」
と興味津々でした(笑)

チャンピオンでこれだけ有名人が通っているのだから、顔が広いのは納得ですね。

〇どんなトレーニングをしてる?

ではふぇふぇ姉さんはこのバンゲリングベイでどんなトレーニングをしているのでしょうか?



〇フェフ姉さんのスゴイところってどんなところ?

〇フェフ姉さんの戦績は?

〇プロになれた?
キックボクシングのプロテストを受けるには、アマチュアの試合を経験し、所属ジムから受験の許可をもらわなければならない。しかし、今のフェフ姉さんの練習量だとまず不可能ということが判明する。

以上、
「フェフ姉さんキックボクシング挑戦について気になるアレコレを網羅!」でした。

本日もお読みいただきありがとうございました。